読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

ルカ

f:id:elneas:20160904201150j:plain

陣痛がきてからの時間は飛ぶように過ぎた。二人産んでいても慣れはしない。毎回、痛みで気が遠くなる。

気がつくと、産声が邸宅に響いていた。


「お母さん、頑張りましたね。元気な男の子ですよ」


奏女のヴァレリアが、取り上げてくれた赤ちゃんをそっと産衣に包んでくれた。


疲れ切った体で我が子を抱く。群青色の瞳がこちらを不思議そうに見つめた。


嗚呼、やはりーー。

心の中で色々な思いが混ざり合い、涙が一筋流れた。


「リウ、頑張ったね。大丈夫?」

「うん…」

ロニーは汗ばんだ額に張り付いた髪を整え、涙をそっと拭ってくれた。


「名前は、どうする?」


再度赤子の瞳を見つめた。


「…ルカ」


迷いは、なかった。


「ルカ…いい名前だね。またリウに髪色似ちゃったなぁ」

「髪の遺伝子だけ強いのかもね」

「目の色は、俺とリウの間の色だね」

「うん」


ロニー、本当にごめんなさい。

心の中で、何度目かわからない謝罪をした。


ドアがバタンと勢いよく開き、二つの小さな影が駆け込んできた。

「やった! 弟だ!」

「かわいい…!」

ガッツポーズで喜ぶマリンと、赤子に感動するスノウ。

「名前はルカ。光っていう意味なんだよ」

へぇー、と納得するスノウの横で、マリンはルカの頬をちょんちょんとつついていた。

「早く大きくならないかなぁ。一緒に探索したい」

「ふふ、今生まれたばっかりじゃない」


マリンにとって、妹が生まれた時とはまた違う感覚なのだろう。同性の兄弟を以前から望んでいただけに、上機嫌でルカを見つめていた。


スノウは自分より年下の存在が初めて出来たことに、驚きと関心を寄せているようだった。そっとルカと手を繋いでは、にこにことしていた。


「では、私はこれで」

ヴァレリアが部屋を後にした。


「ロニー、ずっと付いていてくれてありがとう」

「俺に出来ることはこれぐらいだからね。リウ、少し休む? 子供達は俺がみておくよ」

「うん、そうしてもらえると助かる」


3人と1人が部屋から居なくなり、静寂が訪れると、急に眠気が襲ってきた。


皆に愛され、産まれてきた子。

絶対に幸せにしなければ、と誓いながら眠りについた。