読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

身重と農場

グローブの下でかじかむ手をさすりながら、空を仰いだ。

雪が、粉砂糖をまぶすように降っている。

「はぁ…今年は寒いなぁ」

近くの井戸から水を汲み、ラダ小屋の前まで持ってきた。

妊娠中の体では、水桶1つが限界だった。


いつもなら人員が揃っている農場管理会も、今年は次々と亡くなり、減ってしまった。

分担を割り当ててはいるものの、一人あたりの仕事の負担は増えるばかりだった。

新しい年になれば、また人員が揃う。それまでは、出来る限り頑張らなくては。


「ちょっと、リウ! あんた何やってんの」

「ああ、カピトリーナ」

彼女は腰の脇に手を当て、つかつかと歩み寄ってきた。

「身重のアンタは仕事しちゃだめ。もうすぐなんでしょう」

「そうだけど…」

続きを喋る前に、カピトリーナがそっと近づき、耳打ちしてきた。


「それよりアンタ。今のお腹の子って…まさかとは思うけど、その、違うよね?」


「…えっと…その、まさかかもしれない」

「どっひゃー!」

彼女は目を丸くした。


「それ、皆にバレたら大変なことになるよ。ブヴァール家にとっちゃ、一大事さ。ゴシップ掲示板レベルだよ」

「掲示板どころじゃないよ…」


気が重くなるのであまり考えないようにしていたが。


ブヴァール家に知れたら、出禁もいいところだ。


そうなれば祖国に帰るか、アリアの住む国に行くしかない。

二度と家族に会えないかもしれない。

アンガスもどうなるか分からない。

それが、罪への制裁ーー。


「…覚悟は、出来ているよ。今更戻れないしね」


「…それもそうだね。あたしに出来ることがあったら、いつでも言いな」

「ありがとう、カピトリーナ。貴女が居なかったら、私、どうにかなっていたかもしれない」


自分の弱さは分かりきっている。

逃げ場を作ろうとしてくれる彼女の優しさに、頭が上がらなかった。