読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

冬の始まり

紅葉した木々は葉を落とし、一段と冷える季節が始まった。

暖炉に焚べられた薪はパチパチと火の粉を舞い上げた。


「そういえばこんな季節だったな。リウさんがこの国に来たのも」

「春直前とはいえ、寒かったよね」


腕枕をされ、背中から抱きしめられるような格好でベッドに潜り込んでいた。

アンガスの温もりが、服越しに伝わってきた。


「お腹の子は大丈夫か?」

「うん、たまに動いてて元気だよ」

「無事生まれるといいな」


首すじに柔らかい感触が触れ、キスをされているのだと分かった。


「ん…」

彼の方を向くと、唇を塞がれた。

蕩けるような口づけに、身体が欲するのを、何とか抑えた。


「こんな風になるなんて、出会った時は夢にも思ってなかったよ」

唇を離し、慌てて話を戻した。


アンガスは首を傾げた。


「告白しようと思っていたら、いつの間にかロニーと付き合っていたからな」

「えっ」

「あの時、リウさんが来なかったから俺は諦めたんだ」


「あの時? いつのこと?」

「覚えていないのか? 春の半ば、幸運の塔に来る約束をしただろう」


「約束? そもそも、私達そんなに会っていた?」

「よく釣りやハーブ摘みをしていただろう」

「そ、そうだっけ」


そんな頻度でーー?


どんなに記憶を辿っても、花束を貰ったあの日しか思い出せなかった。


「実はあの時、旅人服を持っていたんだ。リウさんが幸運の塔に来てくれたら、この国を出るつもりでいた」

「そうだったんだ…」


彼は独りで立ち尽くし、自分を待っていたのだろうか。


あの時自分は何をしていたのだろう。


記憶すら曖昧な自分が申し訳なくなった。

「ごめんなさい」

「謝ることはない。リウさんが今幸せなら、それでいいんだ。過去を責めてはいないから」


お腹を気遣ってか、軽く抱きしめられた。耳に吐息がかかる。

「手で、しても良いか」

顔が熱くなり、無言で頷いた。


するりと手が股下に伸びてきて、下着の上を前後に辿った。

与えられる刺激は緩やかでもどかしく、彼の袖を掴んだ。


「欲しそうな目をしているな」

「だって、んっ」


妊娠してからずっと、そういった行為はしてこなかったのだ。

擦られるだけで声が洩れそうになる。


「あっ、ふ…」

「産まれて落ち着いたら、また沢山しよう」

下着の中に手が入ってきた。

良い所を、指先が何度も往復した。集中的に擦られ、身体がびくびくと震える。


「ん…ぁっ…!」

快感が、弾けた。

一つ大きく震えると、彼の袖とシーツを強く握りしめた。