不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

親友

「いたた…」

ラダの小屋で餌を補充しようと屈んだら、腰に痛みがはしった。


昨日は一日中と言っていいほど抱かれていた。

しかも二人に。


自分の貞操が守れなかった後悔と、二人への愛が一塊となって、心に重くのしかかる。


 「この先どうしたらいいんだろう…」

ため息が出る。

嬉しい反面、悩ましい毎日をこれからも過ごしていくのだろうか。


「この先よりも、まずはラダの世話! でしょ?」

「…カピトリーナ!」

f:id:elneas:20160717181347j:plain


 カピトリーナは、初めて農場管理会に入った当時の、農場代表だ。

先輩であり、初めて出来た親友でもある。


「珍しいね、いつも感情を出さないあんたが、そんなため息ついちゃって」

「…」

「議長の仕事が大変なの?」

「ううん…」


「リウ、お昼食べに行こう。そんな顔されてたら、あたしまで気が滅入っちゃうよ」

「…」

黙って頷いた。

いつもなら笑って誤魔化していたのに。


家族に言えないことだって、何だって言ってよ!

と親友になる時の約束を思い出していた。


本当にそんな時がくるなんて。



………



「あら、今日も仲良しね。カピトリーナの分はガーブ草抜いておいたからね」

「ウィアラ、ありがと。あの風味はいつまでたっても慣れないね…」


テーブルにラゴステーキが並べられた。

彼女のメニューでは隠し味にガーブ草が入るのだが、カピトリーナはそれが苦手なのだ。


 とろけるような脂ののったラゴステーキは、夏の定番だ。

小型の鉄板の上で、ジュウジュウと音が弾けている。


「やっぱ夏は冷やしたポムワインにラゴで決まりね。んー美味しい!」

「カピトリーナはラゴ大好きだもんね。ん、焼きたて美味しい」


 ラゴステーキを食べ終え、ポムワインのおかわりを注文した。

シュワシュワする発泡酒なだけに、何杯でも飲めてしまう。


ほろ酔いで満足げなカピトリーナが、こちらに体を寄せてきた。


「…で、何があったって?」


話していいのか躊躇ったが、自分も限界だった。


 


 

広告を非表示にする