読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

明けない夜

夜4刻まで、浴場から出る事が出来なかった。


普段とは違ったリウさんを、まざまざとロニーに見せつけられた気がした。

そして、あんな破廉恥な行為をする彼女に驚いた。


それに興奮してしまった自分も居た。


ふらふらと帰宅し、自慰行為をした後、2回嘔吐した。


天使? どこが?


俺が見ていたものは、とっくに堕ちてしまっていたというのか。


あの微笑みも、優しさも、出会った頃から変わらないと、幻想を抱いていたというのか。


それなら、炎で焼かれても、仕方あるまい。


 

 ………



混沌とした夜明けを迎えた。

一睡も出来なかった。


今日は、鎧は着ない。


鞄からある物を取り出すと、それ以外何も持たずに家を出た。


 真っ直ぐ、農場Aに向かった。

目的の人物はそこに居た。


「あ、おはよう! 農場こっちだっけ?どうしたの?」

「……」

「顔色悪いよ、大丈夫?」

「……」


左手で彼女の肘を掴み、グッとこちらへ引き寄せた。

右手で黒い塊を握りしめる。


「!」