読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫のお話

ワールドネバーランド エルネア王国の二次創作。無断転載禁止。不倫の話です、R18。苦手な方はスルーして下さい。

城壁の邸宅

階段を上がると、本を後ろに幾つも積み上げ、棚の掃除をする彼女がいた。


「…ア、アンガス!? 何で、」

「リウさん…昨日は本当に申し訳なかった」


驚く彼女を前に、両膝をついて頭を垂れた。

騎士の礼では済まない、罪人の礼だ。


「…!」


 「…どうして、ああいうことを? あんなの、貴方らしくないよ」

「……すまない」

「酔っていただけなの?」

「…本当に悪かった」

「理由を教えて。本当はいつもこんなことしてるの?」

「違う」

「…じゃあ、なに?」

「……」


 「それじゃよく分からな…あっ」

山のように積み上がった本がバランスを崩し、彼女の上に倒れてきた。

「危ないっ」

瞬時に手首を掴み、こちら側へ引っ張る。

ドサドサと本が床に散らばり、埃が舞い上がった。


「…大丈夫か?」

「あ、ありがとう」